常に変化する畜産現場で

畜主とともに喜びを共有し

寄り添える存在でありたい

受精卵技術をもっと身近に誰にでも安定的に利用していただけるように、受精卵生産を行う直営牧場、移植業務を行う人工授精所、受精卵販売、日々研究が進む最新技術を生産現場の利益に結びつける技術開発、それに伴う技術者のトレーニングシステムの構築を目指す専門的な企業です。

畜産経営者、獣医師、授精師、その他関連企業と積極的に連携し、これからの畜産を新しいアイデアと技術、人の繋がりで地域の価値を創造し 消費者、農家、技術者ともに幸せになるお手伝いができればと思っております。

 

株式会社ノースブル 代表取締役社長 菅原紀

会社概要

仙台市青葉区で牛受精卵の生産・移植・技術開発を行っています。

直営牧場

受精卵移植を安定的に行うため黒毛和牛の受精卵を生産する直営牧場を所有。

採卵・移植・opu-体外受精

体外受精、受精卵の生産、体内受精卵採取、新鮮卵移植など行ないます。


新着情報


IETS 2017.1.13-21 TX USA

国際胚移植学会

2017.1.13-21 国際胚移植学会とカナダサスカチュワン大学に行ってきました。学会発表はテキサス過剰排卵誘起処置の新しい方法を直営牧場を含む270頭ほどのデータで報告してきました。この方法は以前栃木の関澤先生から教えていただき。ずっときちんとした検証をしてみたかった方法で関澤先生もやってる農家とやってない農家もあるのでできれば調べてくれたら助かるとのことで酪農学園大学堂地先生に相談して今回条件とコントロールを設け試験しました。直営牧場で試験して有効であると判断し当社では全ての顧客でこの処置方法を採用しています。注射を打つ日を減らし作業を簡易化しても採卵成績に低下しなかったという報告になりました。カナダサスカチュワン大学獣医学部でも紹介として堂地先生が獣医学部の繁殖を研究している教授学生らにプレゼンしてとても面白いと言っていただき、また続きの試験計画のプランの提案をしていただいました。こちらの方法はオリジナルではありません再現実験です。私も関澤先生に教えていただいたので関澤先生も良いと言ってますし、平泉先生は論文として出していますので方法は公表いたします。もし興味ありましたら下記先生がたは詳しいのでよろしくお願いいたします。かなりの日数、気持ちよく行かせていただいた農家さん、会社のみなさまに感謝感謝ありがとうございました。m(_ _)m

 

青森県平泉先生、栃木関澤先生、酪農学園大学堂地先生、家畜改良センター橋谷田先生、宮城県畜産試験場及川先生、(株)ノースブル

 

Reproduction, Fertility and Development, International Embryo Technology Society, Austin, Texas, 14–17 January 2017』EFFECT OF A SINGLE SUBCUTANEOUS INJECTION OF FSH AND TIMING OF PROSTAGLANDIN F2a ADMINISTRATION ON SUPEROVULATORY RESPONSE IN JAPANESE BLACK COWSM. Sugawara A, Y. Kaneda A, A. Miyoshi A, H. Sekizawa B, and O. Dochi CA North Bull Inc., Sendai, Miyagi, Japan;B Sekizawa Animal Clinic, Nasushiobara, Tochigi, Japan;C Department of of Sustainable Agriculture, Rakuno Gakuen University, Ebetsu, Hokkaido, Japan

 

関澤先生と(株)ノースブルで実際行なっているスケジュールです。

注意:ホルスタイン種には黒毛和種と同様の効果は認められませんのでご注意ください

 

 

0 コメント

新入社員

新入社員

ホームページを更新しました。

 

更新が遅くなりましたが2016年12月1日より

新入社員寺嶋友さんが株式会社ノースブルに加入してくれました。

寺嶋さんは酪農学園大学家畜繁殖学研究室(堂地修教授)を2014年3月卒業され十勝の2000頭規模の酪農牧場で繁殖管理を担当されていました。祖父のご病気で実家のある宮城県山元町に帰ることとなり退職されましたが、宮城の農家のためにぜひその技術を生かしてほしいと何度も声をかけさせていただき、祖父の通院などに配慮した形であればとの返事をなんとかいただき、当社で正社員として業務をしてくださることとなりました。

すでに、顧客農家さんで移植業務にも加わっていただき、まだ入社して35日ほどですが早いところでは12月上旬に寺嶋さんが移植した牛の受胎も超音波診断で確認しております。礼儀正しい対応と正確で丁寧な仕事は農家さんにも好感をあたえているようです。身長178㎝と金田、菅原らを含めても一番背が高いので大きい牛でも余裕があるのでうらやましいです。即戦力で暫定受胎率100%!今後とても楽しみです

 

新しい仲間が増えました

今後ともよろしくお願いいたします

 

堂地研究室時卒業研究テーマ

「受胚牛のBCSの違いが胚発生に与える影響」

0 コメント

日本経済新聞 河北新報掲載

日本経済新聞 河北新報掲載

取材を受け新聞に当社取り組みが取り上げられました

0 コメント

デイリーマン表紙に掲載!

当社ノースブルのOPU-IVF培養担当の片江さんが酪農専門誌デイリーマンの表紙として掲載されました。購読されてる方は見ていただけると嬉しいです。片江さんの後ろの牛達は北米由来の輸入受精卵でエリートジェネティクス株式会社所有高インテックスゲノム検査済み未経産達です。2週間隔でOPU-IVFを実施し移植事業を展開中です。
撮影場所:半澤牧場(宮城丸森)
撮影:デイリーマン大滝氏
0 コメント

ホームページをリニューアルしました

本日、ホームページをリニューアルオープンしました。

今後とも弊社をよろしくお願いいたします。